世界に平等なチャンスをもたらす


會社概要

2014年10月設立のアント フィナンシャル サービスグループは、革新的なテクノロジー企業として包括的な金融サービスを世界に提供することを目指しています。中國杭州に本社を置く同社が運営するオンライン決済サービスのアリペイは、今日では世界最大の決済およびライフスタイルプラットフォームに成長しました。

 

アント フィナンシャル サービスグループは、アリババデジタルエコノミーの一部としてアリババグループと共に、あらゆるビジネスの可能性を広げる力になることを企業使命としています。革新的なテクノロジーを通じて、安全で環境に配慮した持続可能な金融サービスを世界中の消費者と中小企業をはじめとするあらゆる事業者に提供することで、社會により大きな価値と成長の機會をもたらすことに盡力しています。

 

私たちアント フィナンシャル サービスグループは、102年間(3世紀)続く良い會社を目指しています。2036年までに20億人の世界の消費者にサービスを提供し、1000萬のビジネスを支援しながら1億の雇用を創出するという、アリババデジタルエコノミーの目標を推進するため、今後もアリババグループと協力していきます。

 

  • アリペイ: 世界有數のモバイルとオンライン決済のプラットフォーム。単なる電子ウォレットから生活必需品へと進化を遂げている。ユーザーは、タクシーやホテル予約、映畫チケットの購入、公共料金の支払い、病院の予約、振込みや資産運用商品の購入をアプリから直接行うことが可能
  • ユエバオ:預金額にかかわらず、通常より高い利回りを提供するオンライン資産管理サービス
  • マイバンク:オンラインバンキングとして中小企業向けのローンを提供
  • ジーマ信用:ビッグデータに基づき、個人の信用度をファイリング、スコアリングするサービス。消費者金融、旅行代理店、ホテル、レンタカー會社、賃貸不動産會社などで広く使用されている
  • アントクレジットペイ:返済を翌月まで延期できる個人ユーザー向けサービス。購買頻度や支払い習慣といった一連の指標に基づき、クレジットラインを拡張
  • 保険:保険會社と協力し、配送における損傷保険や返品時の送料を保証する保険を提供。同時にプラットフォームを介して、自動車保険を含む保険商品も販売

日本支社について

アント フィナンシャル ジャパン

 

住所:東京都中央區京橋二丁目2-1 京橋エドグラン27階

代表:香山 誠

連絡先:[email protected]


アクワイアリング パートナー


社史

  • 海外進出を本格化。日本においては、多くの加盟店にて中國の観光客がアリペイを使用できる體制を整備。ディスカバーという獨自のプラットフォームを通して送客を実現し、加盟店のインバウンド需要の取り込みをサポート
  • アント フィナンシャルは新たな中期経営計畫を発表。向こう三年間で少なくても100萬人の開発者をサポートし、1,000萬のビジネスがサービス活用出來る體制を整える。
  • 臺灣のキャセイ フィナンシャル ホールディングス傘下の保険事業への投資を発表。
  • グループ全體の名稱をアント フィナンシャルに改名。
  • ユエバオの事業展開を正式に開始。パートナー企業との連攜により、アリペイのユーザーは1円から購入できる資産形成商品にアクセス可能になる。
  • 中國初のサービスとして、アリペイはユーザーに一年間の使用履歴を送付。財務狀況の可視化に貢獻
  • アリペイは中國史上初となる決済事業ライセンスを取得。
  • アリペイと中國銀行はクレジットカードを登録できる畫期的なサービスを共同発表。
  • アリペイはモバイル決済手段を正式に発表。
  • 公共料金をアリペイを通して支払うプラットフォームを発表。上海市民はオンラインにて水道、電気、電話料金の支払いが可能になる。
  • アリペイが5,000萬人のユーザーを突破。當時の中國ではクレジットカードの會員數は3,000萬人。
  • 中國建設銀行がアリペイのサービスを詳細に分析したレポートを発表。調査結果によって、ユーザーのアリペイを活用した取引の不安が払拭される。
  • アリペイは24時間體制のカスタマーサポートを開始。
  • アリペイが正式に設立される。